雑貨店を開業するときに行う9のこと

お知らせ 2020/01/09

雑貨店を開業するときに行う9のこと

 
 
いつかは自分のお店をオープンしたい!
自分の好きなことを仕事にしたい!

そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。
でもいったい何から始めればいいのか、本当に自分にできるのか、悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
 
この記事では、そんな方に雑貨店を開業する時に最低限行うべき9のことをご紹介します。
 
 
 

目次

1.どんなお店にするか考える
2.目標とスケジュールをたてる
3.立地・物件を決める
4.内装や外装を決める
5.仕入れ先を決める
6.様々な手続き
7.売場づくり
8.宣伝
9.オープンする

 

1.どんなお店にするか考える

まずは、自分が思い描く雑貨店のイメージを書き出してみましょう。
既存の雑貨店を参考にしてもいいと思います。

そこから
・コンセプト
・ターゲット

を決めてある程度イメージを固めていきましょう。
コンセプトやターゲットを絞った方が後に商品を仕入れやすくなったり、外観や立地を決めやすくなります。
 
 

2.スケジュールを立てる

どんなこともまずは計画をたてることが重要!

雑貨店を開業するには、様々な手続きも必要です。
あらかじめ手続きや準備にどれくらいの時間がかかるのか調べておくといいと思います。
それらを踏まえて開業日をきめましょう。

限られた時間と費用で実行できるのか。これを念頭に置いて、現実的なスケジュールをたてることがポイントです。
 
 

3.立地・物件を決める

1で考えた「コンセプト」と「ターゲット」をもとに立地と物件を決めていきます。
自分のターゲットがいる土地なのか、コンセプトに合った内装や外装にできる物件なのか、考えて選びましょう。

ここには時間を多く割いて良いと思います。なかなか自分の考えたコンセプトやターゲットに合う物件は見つかりません。
予算も考慮しながらじっくり選びましょう。
 
 

4.内装や外装を決める

コンセプトに合った外装にしましょう。
通りがかった人に、一目で何のお店なのかわかるようにすることがポイントです。
 
 

5.仕入れ先を決める

雑貨店を開業するにあたって1番重要なのが仕入れ。
実際に店頭に並べて売れる商品を、仕入れていく必要があります。
仕入れ方法は多くありますが、主な方法をご紹介します。
 
・メーカーから直接仕入れる
メーカーから直接仕入れると問屋を通すよりも掛け率が低く、安く仕入れることができるので、お店の利益につながりやすいと言えます。商品を製造しているので、そのこだわりやセールスポイントなど詳しく聞くこともできます。
デメリットは、1回の最低発注金額が○○円以上と決まっているメーカーが多く、小ロットでの発注が厳しいことです。また各メーカーと1社ずつ取引しないといけないので手間がかかります。
それぞれ商品の発送が別々になると送料も別になるので、そちらに料金がかかってしまうのです。
しかし、メーカーによっては取引金額が大きくなると掛け率をさらに下げてくれることもあります。年に何回か開催される、様々なメーカーが出展する展示会に行き、メーカーを探すのがオススメです。
 
・問屋から仕入れる
問屋は、1社で複数のメーカーの商品を仕入れることができます。小ロットでの仕入れが可能で、現金問屋だとその場で在庫を確保できます。メーカーのように一つの商品の知識に特化しているわけではありませんが、多くの商品からトータル提案をすることができます。
デメリットはメーカーよりも掛け率が高いことです。また様々な種類の商品を取り揃えているので、ニッチな商品や、自分のお店のコンセプトに合う商品を見つけにくいことも挙げられます。
初めて雑貨店を始める方に一番おすすめなのは問屋です!
 
・ネットから仕入れる
最近よく使われているネットの仕入れサイト。いくつもサイトがありますが、サイトによって仕組みや取扱メーカー、商品のテイストも異なります。ネット仕入れサイトは、パソコンやスマートフォンで簡単に仕入れができることが最大のメリットです。さらに商品の種類が豊富で、問屋と同じく小ロットで仕入れることが可能なサイトもあります。デメリットは実際に商品を目で見て確認できないこと。自分が想像していた商品と質感や色味などが違うことも、、。

このような仕入れ方法がありますが、会員制で会員になるのに時間がかかってしまうこともあるので、早めに仕入れ先を決めることをおすすめします。
 
 

6.様々な手続き

自分で開業するには、様々な手続きをこなさなければいけません。

・税務署に開業届を出す
・金融機関で店舗の口座を作る
・電気 水道 ガスの契約をする 等、、

開業届は開業の1か月前までに提出する必要があります。
またアンティークの家具や古本など、一度取引されたものを販売するには古物商許可申請書、さらに雑貨店に飲食を併設する場合は飲食店営業許可が必要です。
自分の開業する業態によって手続きは異なり、時間がかかる手続きもあるので早めに行動しましょう。
 
 

7.売場づくり

ここまで揃ったらいよいよ売場づくりです!

・店内のレイアウトを考える
商品は見やすいように陳列しましょう。レジは奥に配置すると、お買い上げいただくまでに店内をまんべんなく見てもらえる可能性があります。

・ディスプレイ
特に入口のディスプレイはお店に入るきっかけにもなります。自分の雑貨店のコンセプトが伝わるようなディスプレイにしましょう。
ディスプレイは定期的に変えると、お客様の来店も多くなります。季節に合わせてディスプレイを変えたり、新商品を目立たせたり、少し工夫するだけで手に取ってもらえる機会が増えます。
商品のポイントを書くPOPを用意するのも効果的です。

・備品の準備
商品を包む袋、ラッピング用の袋やリボンなども揃えておきましょう。レジ周りの細かい備品も開店前にある程度揃えておくと良いです。
 
 

8.宣伝をする

・チラシ ポスター
手軽に自分でできる宣伝方法です。業者に頼んで作っても良いですが、コストをかけずに手書きで作っても良いと思います。
ポスターはオープンする前の店舗に貼り、雑貨店ができることを事前にアピールしましょう。

・SNS
無料で宣伝できるSNSを使うのは今や常識。ハッシュタグを用いて投稿しましょう!フォロワーが少ない間は、知り合いにSNSで投稿してもらうのも効果的かもしれません。

その他にもDMやブログなど様々なツールがあります。集客はオープンしてからも課題になるので、継続して行うべきです。
 
 

9.オープン

ついにオープン!

このような手順を踏んでいけば
自分次第で誰でも雑貨店の「オーナー」になれるのです!

ですが、、大切なのはオープンした後。
お店をより良くするために、仕入れをしたり、販促をし続ける必要があります。

私たちエトワール海渡はそんな小売店様の仕入れのサポートをしております。
お店を開業する前から会員登録ができます。ぜひ活用してください!
会員登録はコチラ

いかがでしたでしょうか。
この他にも細かくやらなければいけないことはあります。
雑貨店を開業するにはやることも多く気合が必要ですが、好きを仕事にできる素敵なお仕事です。

皆さんの雑貨店が、愛される雑貨店になりますように、、!